<丹田呼吸法とは>

丹田呼吸法は、自律神経を整えることができる
日本に古くから伝えられている健康法です。

意識して呼吸することでリラックスした状態
(副交感神経優位)を意図的に作りだし、
自分で交感神経と副交感神経のバランスを
コントロールし、自律神経を整えることが
できます。

実際に丹田呼吸法をすると、脳内で出ている
セロトニンの量が2割アップするという
化学的なデータも出ています。

現在伝えられている丹田呼吸法は、宗教家や
修験者でなくても取り入れやすいように、
伝える方がそれぞれアレンジしているようです。

<丹田呼吸法の歴史>

日本の修験者の中で伝えられていたという
心と体のバランスを整え、免疫力を上げる
呼吸法。

平安時代に空海が中国(当時は唐の時代)に
留学した際、恵果阿闍梨(けいああじゃり)
から学んだ密教の中にも丹田呼吸法の大切さ
が伝えられています。

また、江戸時代に白穏禅師という和尚が、
どんな治療をしても治らない病気にかかった
際も、京都に住む仙人に伝授してもらい病
を治した話が記されています。

さらに、今から100年以上前、中村天風が
結核にかかり、治療のためにアメリカや
ヨーロッパに渡りました。

しかし、改善せず、絶望し帰国した際
偶然船の中で出会ったインドの聖者に
連れられ、ヒマラヤの奥地で修業し、
悟りを開いた頃には、病気は治っていた
そうです。

その教えの重要なポイントが丹田呼吸法で
結核や万病を治すだけではなく、心身を
統一するすなわち心を制することができる
と伝えられたようです。

その後帰国し、心身統一法を日本で広めて
います。

日本の武術(柔道、剣道、合気道など)では
道がつくものはほとんど丹田を使いながら、
技を競い合うようです。

日本の武術にとても重要な場所が丹田です。

戦前の日本では、一般的にも普及していた
そうですが、現在は忘れ去られてしまった
健康法です。

<レッスン内容>

私のレッスンでは、藤麻美子式丹田呼吸法
を行っています。

吸う方を5数え、吐く方を10数え、
吐きながら丹田を引き締めていきます。

朝日を浴びながら3分行うことで、セロトニンが
出やすい状態を作ります。

立っていても、座っていても、掃除を
しながらでもできるやり方にしたことで、
毎日気軽に取り組んでいただけるように
なっています。

さらに、体幹を整えたり、体を緩ますために
丹田フラダンスやストレッチ、アロマも取り
入れています。

丹田フラダンスを併用することで、体の
ゆがみを正しく治し、さらにいい呼吸を促し、
本来もっている自己免疫力をアップさせます。

レッスンでは、1人1人の精神的、肉体的な
悩みに合わせてメニューを考えています。

6ヶ月コースでは、生活改善のコーチングも
行い、ストレスに強い心身共に健康な身体
を作ります。

本来の自己免疫力を高めるため、また
なりたい自分になるために、続けてみませんか?

毎日の習慣を変え、6ヶ月続けると予想以上の
効果がでてきます。

6ヶ月レッスン(月2回) 24,000円

6ヶ月コースでは、生活改善のコーチングも行い、ストレスに強い心身共に健康な身体を作ります。

<内容>
・6ヶ月の理想の状態を決め、生活の見直しを行います。
・月2回zoomでのレッスン&コーチング(60分)
・メールでいつでも相談可能

<以下の方に該当する方にオススメです>

☑頭痛、腰痛、ひざ痛、肩こりの方
☑目の悪い方
☑常にイライラしがちな方
☑血圧の高い方
☑血糖値の高い方
☑ストレスを感じている方
☑集中力を上げたい方
☑成績を上げたい方
☑眠れない方

zoomでの無料体験レッスンをご希望の方は
下記のURLからお申込みください。

   ↓  ↓  ↓

https://resast.jp/page/reserve_form_week/24934?course=67224